お茶目な狸が即宗院の四季、できごと、故事来歴などをつづります

記事一覧

即宗院“ 狸 ”の独り言  NO231

 おんや??

 和尚が千両の株の中に首を突っ込んで喋っておる??

 千両の株の中に、人が居るのかや??

 独り言でもなさそうじゃ??

 元々、独り言を言わない和尚だに??

 誰に話しておるのじゃ??

 「 こりゃこりゃ・・ そんなとこに居ったら、落ちるぞよ・・ 」

 「 おみゃさんは幾つじゃの?? 」

 「 小さいのう・・ 」

 「 色が、親と違って淡いのう・・ 」

 「 何時、親と一緒の黄緑色になるんじゃ?? 」

 和尚!!

 誰と喋っておるのじゃ??

 「 おや・・ 狸どん・・ 」

 「 朝から早起きじゃのう?? 」

 和尚の独り言が聞こえたので、起きて来たのじゃ!!

 誰と喋っておるのじゃ??

 独り言か??

 「 いやいや・・ モリアオガエルの子供がおるのじゃ・・ 」

 「 小さくて・・ 可愛くて・・ しぐさが何とも言えぬ・・ 」

 「 見て見んさい・・ 今年生まれて、オタマジャクシからカエルに変わった所じゃ・・ 」

 「 跳ねるのも、一生懸命・・ 枝に飛びつくのも、一生懸命・・ 」

 「 この子が大きくなると、美しい黄緑色になり、鮮やかな大人のカエルになるのじゃ・・ 」

 「 自然というもの強いものじゃ・・ 初夏に暑さが進み過ぎ、雨が降らなんだ・・ 」

 「 モリアオガエルが卵を産めなんで、どうなるかと思っておったが・・ 」

 「 遅い梅雨であったが、やっと卵が産み付けられ、オタマジャクシになり、やっと子供のカエルになったわ・・ 」

 「 途中で、鷺が来るわ・・ 鴫が来るわ・・ 」

 「 食われて居なくなるかと心配しておった・・ 」

 「 やれやれじゃ・・・・ 」

 何じゃ!! 和尚は、モリアオガエルとも会話が出来、意思の疎通が図れるようじゃ??

 まあ、狸の儂とも話をしておるから、バイリンガルであるのは事実じゃが!!!!!

  • 2019年07月18日(木)09時43分 New!

即宗院“ 狸 ”の独り言 NO230

 和尚!! 水遊びか??

 池に入って、何かを抄うておる!!

 金属の熊手で何を池の中から抄うておるのか??

 胸までの何かは知らんが長靴の様な、合羽の様なものを羽織っておる??

 確かに、池は1m以上の水の深さが有り、

 この何日間降った雨で水嵩が増えておる!!

 よく見ると、池に落ちた落ち葉を取っておるようじゃ!!

 和尚!! 大変じゃのう!!

 「 なに・・ やっておればいずれ終るは・・ 」

 金を稼ぐのに一生懸命な者も居るし、

 和尚の様に、池の葉っぱを自分で抄い取る者もおる!!

 和尚!! 水が冷たく無いかえ??

 「 いやいや・・ 水の冷たさが、汗を押さえてくれるので、今頃が一番じゃ・・ 」

 ようけ落ち葉が落ちたもんじゃなあ!!

 「 秋の紅葉から、春の椿・樫・椎、初夏のヤマモモ・・ 」

 「 丁度今頃池の落ち葉を抄い取ると、分解前で、腐る前なので良いのじゃ・・ 」

 池の周りに貯めておるが何でじゃ??

 「 水切りじゃ・・ 池の中に落ちておると、水を吸うて重すぎる・・ 」

 「 これを池の土手に積んで、水切りをして、乾いてから捨てるのじゃ・・ 」

 「 一輪車に30杯分程運ばねばならんので、軽い方がいい訳じゃ・・ 」

 成程、掃除も手順があるのじゃのう!!

 ご苦労さん!!

 狸の儂は、晩御飯の手順を踏もうとしよう!!

  • 2019年07月15日(月)20時18分

即宗院“ 狸 ”の独り言 NO229

カシャ!

 カシャ! カシャ!

 うむ??

 おや! 和尚が小さな箱を押さえておる??

 うむ! あれば人間で言う写真機か??

 和尚、何しておる?

 「 写真を撮っておるのじゃ・・ 」

 写真機でか??

 「 何を言うちょる・・ 」

 「 現代では“ キャメラ・・ ”と言うのじゃ・・ 」

 キャラメル??
 
 「 ちゃうちゃう・・ 」

 「 分かりやすく言うと“ カメラ ”じゃ・・ 」

 じゃが、和尚は脚立に載って、その上で立ち上がっておるではないか?? 」

 「 いやいや、脚立の上からしかよい写真が撮れんのじゃ・・ 」

 何を写しておる??

 「 泰山木(タイサンボク)の花じゃ・・ 」

 「 儂の師匠が40年前に植えた木で、一か月前から花を付けていたのじゃ・・・ 」

 そんなに長い間、咲いておるのか??

 「 いやいや・・ 花は、10日程で花びらが茶色に変わり、落ちてくる・・ 」

 「 高い所で咲いておるので、儂らも花が咲いているのに気が付かないのじゃ・・ 」

 「 落ちた茶色の花びらを見て、花がついておったのが分かる位じゃ・・ 」

 仰いで見ると高い木じゃのう!!

 10mは有るかのう!!

 「 今回は、頭の辺りに咲いておるので、早く気が付き、写真に残そうと思ったのじゃ 」

 「 ハスの花の様に、花は直径が一尺(30cm)位もあり、花びらも10cm位あるのじゃ・・、 真ん中に雄蕊・雌蕊が有るのじゃ・・ 」」

 「 花びらは、白い間に取ると、盃の様に使える・・ 」

 和尚!! 一杯呑んだんか??

 「 いやいや・・ 花が可哀想じゃて、取りはせなんだ・・ 」

 「 写真を撮っただけじゃ・・ 」

 狸の儂らには絶対見ることは出来ぬなあ!!

 狸の儂らでも登れる脚立があれば!!

 まあよいわ!!

  • 2019年07月12日(金)22時25分

即宗院“ 狸 ”の独り言 NO228

 和尚、お晩です!!

 「 おう・・ 狸どん、えらい早いお運びじゃのう・・ 」

 いや、今日はあることが気になって寝られんかったので、早う起きて来たわ!!

 「 どうした?  何か悩みでもあるのか?

 「 狸どんでも・・ 」

 よう言うわ!! そらのんびりした儂ら狸でも、悩みはあるわいな!!

 じゃが、気になったのは、悩みでは無い!!

 狸の儂には、今、悩みは無~い!!

 昨日、和尚の離れの床下で、ついつい寝込んでしもうた!!

 今日の昼頃、離れ座敷で和尚は話をしておったであろう!!

 その中で、「 源氏物語!! 源氏物語!! 」の

 言葉が耳に残っておる!!

 これは何じゃ?? と、夢心地の中で頭の片隅に残っており、

 気になって和尚に聞いてみようと思い、早起きをしてきたのじゃ!!

 「 成程・・ それは間違いじゃ・・ 」

 「 源氏物語では無く、“ 紫式部・・ 白式部・・ ” の話じゃ・・ 」

 何じゃそれ??

 「 花の話で、“ 紫式部・・ 白式部・・ ”の事じゃ・・ 」

 「 山門の横に、“ 白式部 ”が咲いておって、そのことをお客様と話しておった・・ 」

 「 じゃが、狸殿は中々の知識人じゃのう・・ 」

 狸の儂は、知識人ではのうて、“ 知識狸 ”じゃ!!

 「 そうであったなあ・・ 」

 和尚、何で儂が“ 知識狸 ”と言うのじゃ??

 「 “ 紫式部・・ 白式部・・ ”を聞いただけで、」

 「 “ 源氏物語 ”が頭に浮かんでくるとは・・ 」

 和尚も、やっと狸の儂を認めてくれたか!!

 今晩は、この満足感を大事にするので、もう寝よ!!

和尚、お休み!!

  • 2019年07月07日(日)20時39分

即宗院“ 狸 ”の独り言 NO227

 「 ビフォー~ アフター~・・ 」

 うむ??

 「 ビフォー~ アフター~・・ 」

 うむ?? うむ??

 「 ビフォー~ アフター~・・ 」

 うむ?? うむ?? うむ??

 何じゃ? 歌の様な?? 声の様な??

 おや! 和尚が写真を撮りながら唸っておる??

「 ビフォー~ アフター~・・ 」

 和尚!! 何を言っておる??

 「 おう、久しぶりじゃのう・・ 」

 和尚!! 何を唸っておる??

 「 ビフォー~ アフター~・・ か?? 」

 「 これはのう・・ 英語で、“ 前後 ”と言っておるのじゃ・・ 」

 何じゃ?? そら??

 「 この一ケ月忙しくしておったのは知っておろう・・ 」

 うむ!! 庭で植木刈りばかりしておったなあ!!

 それも、“ つつじ ”と“ さつき ”ばかり!!

 バリカンの様に散髪じゃ!!

 花の咲いた後の伸びた枝を、カシャカシャとバリカンの様に刈っておった!!

 またまあ!! くりくり坊主の様に短く、まあるい頭になっておった!!

 「 それじゃ・・ 髪の毛が伸びた頭と、散髪したくりくり坊主の頭・・ 」

 「 刈込の、“ 前 “と “ 後 ”。この散髪の跡が極端な故に、見ながら楽しんでおったのじゃ・・ 」

 「 そして、記念と思って写真に残しておったのじゃ・・ 」

 「 どうじゃ・・ お主も散髪をしてやろうか?? 」

 いやいや!! 狸の儂も歳を経って、毛が薄くなり、御免被りたい!!

 逃げろや!! 逃げろや!!
 

  • 2019年06月30日(日)10時43分
Web Diary